ふるさと納税は限度額を超えてもOK? 超えた場合はどうなるの?

ふるさと納税の限度額をシミュレーターで計算してみても、「○万円が限度額の目安です」と出るため正確な金額はなかなか分かりづらいですよね?

そんな時にふと思うのが、「限度額を超えても寄附できるのか?」「超えた場合はどうなるのか?」だと思います。

実はふるさと納税は限度額を超えても寄附をする事は可能です!

ただし超えた分は減税対象にならないため、ただ寄附しただけになってしまいます。

 

例えば限度額が10万円の人が15万円の寄附をした場合、約5万円分は自治体に寄附しただけになるということになります。

返礼品にそれだけの価値があればいいですが、国から3割を目安にするように言われているため、10万円の寄附だと返礼品はおよそ33,000円のものになります。

せっかく減税と返礼品目的でふるさと納税をしても、これだと超えた分はかなり損になってしまいますよね😰

限度額を超えてしまって結局損した! とならないためには、シミュレーターで表示された限度額より少なめの金額に寄附するといいですよ😄

細かい計算までしっかりしたいならこちらのサイトにあるシミュレーターがおすすめです↓

生命保険や地震保険、医療費控除・住宅ローン控除を含んで計算できるので、正確な限度額が知りたい人は一度試してみてはいかがでしょうか✨

ふるさと納税の限度額各種控除の減税効果確認ツール

 

ざっくりした限度額が知りたい人は、こちらの記事内で紹介している「シミュレーター付きふるさと納税申込みサイト」を使ってみましょう!

給与収入と家族構成を入力するだけで簡単に限度額の目安を知ることができますよ✨

 

  • コメント: 0

関連記事

  1. ふるさと納税で貰える返礼品はどんな物があるのか?

  2. ワンストップ特例制度を利用したら還付?控除? 利用しない場合との違いとは

  3. ふるさと納税は本人以外のクレジットカードで寄附しても控除されるのか?

  4. ふるさと納税のメリット・デメリット

  5. ふるさと納税した後(する年)に引越しした場合どうすればいい?

  6. ふるさと納税制度を分かりやすく解説!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。