利用率No.1、欲しいお礼の品が見つかるNo.1

ふるさとチョイス

ふるさと納税サイトで有名な「ふるさとチョイス」

友人の「ふるさとチョイスを使ってみたけど手続きが便利だった」という感想を聞き、私も実際に使ってみました✨

この記事ではふるさとチョイスと他のふるさと納税サイトとの違いや、実際に使ってみた感想、ふるさとチョイスのデメリットを紹介したいと思います😁

ふるさとチョイスを他の納税サイトと比べてみて

ふるさとチョイスは他の納税サイトと比べて支払い方法が豊富にあるので、自分に合った支払い方法を選ぶことができます。

Yahoo!公金支払いAmazonPayが利用できるため、クレジットカード情報などをいちいち登録する手間も省けます✨

他の納税サイトだとポイントが貯まらない事が多いのですが、ふるさとチョイスなら寄付した金額に応じてポイントを貯めることができるのは良いですね💰

返礼品の検索や控除額シミュレーションは他の納税サイトと同様に用意されていますし、寄附金額ごとに返礼品を探せるので便利です😄

また、他のサイトでは返礼品や自治体の紹介を猛プッシュしていますが、ふるさとチョイスではふるさと納税に興味はあっても詳しくは知らない人向けに丁寧な解説がある点も好感が持てます。

 

ふるさとチョイスを実際に利用してみた感想

やはり知名度&利用者数が高いこともあって、ふるさとチョイスにある返礼品の種類は非常の多かったですね✨

得に地方の特産品などをメインとした返礼品が多く、質の良さそうなものがたくさんあるので選ぶのが楽しくなりました😁

サイト自体も使いやすく見やすいですし、ジャンル別検索・寄附金検索・寄付金の使い道検索など検索機能も豊富で、目的に応じてしっかりと調べてから寄附することができるのも良いと感じましたね。

他のサイトでは簡易的な控除限度額シミュレーションが多い中、ふるさとチョイスでは詳細なシュミレーションができるのも良い点だと思います。

肝心の手続きも、画面上に表示される項目を選択していくだけなので簡単にできましたし、面倒な会員登録しなくても利用できるのところは嬉しいポイントですね☺

 

ふるさとチョイスのデメリットは?

ふるさとチョイスは利用者が多いこともあってか、アクセスの多い夜の時間になるとなかなか読み込めないことがあります。

帰りの時間や家でゆっくり見たい時にこれは致命的ですし、返礼品の写真も多いので、古いパソコンや携帯電話から見ようとすると表示が崩れることもあります😰

また、他の納税サイトと比べて実用的な返礼品が少な目なのがイマイチ。

商品券や家電など、地方に由来のない商品はふるさとチョイスでは少な目なので、商品券が欲しい時は他の納税サイトと使い分けする感じになりますね🤔

その代わり一番のメリットといっても過言ではない『サポート体制』は他のサイトには無い強み!

特に不明な点があれば税理士に無料で相談ができるサービスは、私のように控除額シュミレーターでつまづきやすい人には助かりますよ😆

解説やサポート体制が丁寧なので、ふるさとチョイスは初めてふるさと納税をする人におすすめです

⇒ふるさとチョイス公式サイトはこちら

 

返礼品は特産品じゃなく、商品券や家電などの実用的なものを探している人は他の納税サイトと使い分けてみると良いですよ💰

返礼品で商品券や家電がある自治体を紹介している納税サイトはこちらの記事でまとめています↓

(準備中)